【2021年版】Macbookはどれがオススメ⁉︎

Apple

今、もっとも注目を集めていると言っても過言ではないMacbookシリーズ!
今回は、発売中のMacbook Air/Proに絞って選ぶポイントをご紹介しようと思います。

生粋のWindowsユーザーではない限り、パソコンを欲しいと思った時の選択肢の中にMacのパソコンは候補に挙がってくるのではないでしょうか。
私自身、調べに調べて最新のM1 Macbook Proを購入した経緯がありますので、使ってみた感想も踏まえて比較していきたいと思います。
今回の記事がぜひ皆様のパソコン選びの参考になればと思います。

Macbookの種類

2021年2月現在発売しているMacbookシリーズは大きく分けて2種類です。
ひとつはMacbook Air、そしてもうひとつはMacbook Proです。

この2種類の中にも厳密にはパソコンの脳みその部分となるCPUがIntel製搭載のものとApple独自開発のM1チップ搭載のモデルがあり、処理能力などに大きく差が出ています。
※厳密にはM1チップの中にも種類がありますのでスペック比較の部分でご紹介いたします。

また、Macbook Proにはモニターサイズの違いもあり、種類としては下記の通りとなります。

2021年2月現在発売中のMacbookシリーズ
  1. MacBook Air 13.3inch M1チップ
    8コアCPU 7コアGPU
  2. Macbook Air 13.3inch M1チップ
    8コアCPU 8コアGPU
  3. Macbook Pro 13.3inch
    Intel Core i5またはCore i7
  4. Macbook Pro 13.3inch M1チップ
  5. Macbook Pro 16inch
    intel core i7またはcore i9

なんだか、種類が多く何が何だか見ただけでは全くわかりませんね。
私がMacbook購入の際にもどれが良いのか、どれが自分にとって最適なスペックなのか…何日も何日も他の方の記事やYOUTUBEを参考に悩みました。

Macbook各種の特徴

Macbook Air


 
ゴールド/シルバー/スペースグレイ
※Macbook Airは3色展開
Apple公式ページより引用

何といっても発売されているMacbookシリーズの中でも最軽量であることが特徴となっています。パソコンの脳みそ部分であるCPUもM1チップを搭載しており、8コアCPU、8コアGPUのモデルはMacbook Proでも搭載されているものと同じチップとなっています。

バッテリーの駆動時間も従来のモデルに比べて6時間長くなっており、最長で18時間稼働するという高性能さ!持ち歩きのPCとしても、ほとんど充電の心配をしなくてよくなりました。(行う作業によってはバッテリーを激しく消費することもご理解の上)

また、ファンレス仕様となっており、撮影現場などファンの音が気になってしまうような場面では特にファンレス仕様の恩恵を受ける事が可能となるでしょう。

【メリット】
・軽量で持ち運びに便利!
・ファンレスで静音性抜群!
・Wi-Fi6対応

【デメリット】
・高負荷作業には向かない
・ファンがないため高熱化することがある

Macbook Pro 13.3inch M1チップ



シルバー/スペースグレイ
Apple公式ページより引用

実はMacbookシリーズの中で最薄なのがMacbook Proです。重さもMacbook Airに比べて110gしか差がありません。

何よりM1チップとなったことで処理速度が桁違いに速くなっています。従来のIntel製チップからの比較で最大2.8倍速くなっています。

バッテリーの駆動時間もMacbook史上最長の20時間駆動とIntel版の製品の2倍駆動時間が伸び充電切れの心配を最大限減らしてくれています。また、Macbook Airとの違いとして、ファンを搭載していますが高負荷の作業をしていても全くといっていいほどファンが回る様子がありません。
(※私も購入してから今まで一度もファンが回る音を聞いたことがありません…)

使用する人は限られているかもしれませんが、搭載されているマイクやスピーカーもMacbook Airに対して性能が上がっています。また、Touch Barも搭載しており使い方によってはかなり便利に活用できる仕様となっております。

【メリット】
・高負荷作業もサクサク動作!
・バッテリー駆動時間も最大20時間でバッテリー切れの心配ほぼなし!
・Wi-Fi6対応

【デメリット】
・外部ディスプレイ接続が1台まで
・eGPU(外付けGPU)が使えない

Macbook Pro 13.3inch Intel Core i5



シルバー/スペースグレイ
Apple公式ページより引用

基本的に重さや薄さはM1チップ搭載モデルと全く同じとなっております。
処理速度やバッテリー駆動時間の面を見るとM1チップに大きく差を広げられてしまったという感じは否めません。

しかし、Intel製チップにしか出来ないことがいくつかあります。
まずは外部モニターの接続台数です。M1チップでは最大で1台のモニターにしか接続する事ができませんが、Intel製の場合は最大2台まで外部モニターに接続をする事が可能です。
もうひとつは、Boot Campアシスタントを活用したWindowsの操作です。Macの中でWindowsを動かす事ができる事で仕事でどうしてもWindowsの利用が必須なユーザーにとっては大きな事です。(現在はM1チップでもParallelsで有料ですがWindowsを動かすことは可能)

そして大きな違いとして、拡張性の違いです。M1チップ搭載モデルがThunderbolt3対応端子2ポートなのに対して、Intel版は4ポート付いています。両側に2ポートずつ付いている為、使用するシーンによっては充電や配線の問題を一切抱えずに済むことになります。

【メリット】
・外部モニター接続台数が2台
・拡張性が高い(Thunderbolt3端子の数やメモリ・ストレージの増設)
・BootcampでWindowsの利用ができる

【デメリット】
・バッテリー駆動時間の短さ(予備にモバイルバッテリー等必要?)
・Wi-Fi6非対応

Macbook Pro 16inch Intel Core i7



シルバー/スペースグレイ
Apple公式ページより引用

16inchモデルとしては唯一のラインナップです。現段階ではM1チップ搭載モデルは発売されていないので、画面の大きい16inchで購入を検討されている方にとってはこの機種一択となります。

厚みはMacbook Pro 13.3inchとさほど変わりませんが、重さが2kgと少し重めになります。
その分、性能はハイスペックなので高負荷の作業もストレスなくこなす事が出来ます。メインPCとして検討される事が多く、メモリは吊るしモデルで16GBあり十分ですが最大64GBまで、ストレージも吊るしモデルは512GBですが、最大8TBまでアップグレード可能で1TB〜4TBに上げて使うユーザーが多いようです。
(まさにYOUTUBER用PCといったところでしょうか。)

こちらのモデルもThunderbolt3が4ポート搭載されており、非常に拡張性の高いスペックとなっております。

【メリット】
・高負荷作業向け
・画面が大きくて作業しやすい
・拡張性が高い(Thunderbolt3端子の数やメモリ・ストレージの増設)
・BootcampでWindowsの利用ができる

【デメリット】
・持ち運ぶには重い
・Wi-Fi6非対応

Macbook選びのPoint

どんなPC選びにも当てはまることですが、1番大事なポイントはスペックです。
自分がどんな作業をする為にPCを必要としているのか、いま一度考える必要があるんです。

例えば、インターネットを閲覧したり、メールや音楽を流すなど日常生活で最低限必要としている作業のみの場合、Macbook Proシリーズまでのスペックは必要ないと思います。
反対に、動画の編集・写真の編集・デザイン業務で毎日大容量のデータを扱うという方はMacbook Airでも出来ないことはありませんが、物足りなさを感じてしまうと思います。

PCを選ぶ際には、日々どのような作業をしていて、どのくらいのスペックのPCが必要なのか改めてスペック表と照らし合わせて見てください。
困った時にはAppleのカスタマーサービスに相談してみるのもオススメですよ!
かなり丁寧に親身になって相談に乗ってくれます。

Point

●CPU
●GPU
●メモリ
●ストレージ
●大きさ・重量
●接続端子・拡張性
●バッテリー駆動時間
●価格

Macbookシリーズのスペック比較表

Macbook AirMacbook Pro13.3inch M1Macbook Pro13.3inch IntelMacbook Pro16inch
本体サイズ30.41×21.24×1.6130.41×21.24×1.56㎜30.41×21.24×1.56㎜35.79×24.59×1.62㎜
質量1.29kg1.4 kg1.4 kg2.0kg
ディスプレイRetinaディスプレイRetinaディスプレイRetinaディスプレイRetinaディスプレイ
チップM1チップ
◯8コアCPU/7コアGPU
◯8コアCPU/8コアGPU
M1チップ
◯8コアCPU/8コアGPU

16コアNeural Engine
◯2.0GHzクアッドコア/
第10世代Intel Core i5
◯2.3GHzクアッドコア/
第10世代Intel Core i7
◯2.6GHz 6コア
Intel Core i7
◯2.3GHz 8コア

Intel Core i9
バッテリー
駆動時間
最大15時間ネットサーフィン
最大18時間AppleTV視聴
最大17時間ネットサーフィン
最大20時間AppleTV視聴
最大10時間ネットサーフィン
最大10時間AppleTV視聴
最大11時間ネットサーフィン
最大11時間AppleTV視聴
拡張性Thunderbolt3/USB-C×2口Thunderbolt3/USB-C×2口Thunderbolt3/USB-C×4口Thunderbolt3/USB-C×4口
メモリ8GB
オプションで16GBに変更可能
8GB
オプションで16GBに変更可能
16GB
オプションで32GBに変更可能
16GB
オプションで

32GB・64GBに変更可能
ストレージ256GB〜2TB256GB〜2TB512GB〜4TB512GB〜8TB
キーボード
トラックパッド
Magic KeyboardMagic Keyboard
Touch IDセンサー
Touch Bar
Magic Keyboard
Touch IDセンサー
Touch Bar
Magic Keyboard
Touch IDセンサー
Touch Bar
ワイヤレスWi-Fi6
Bluetooth5.0
Wi-Fi6
Bluetooth5.0
Wi-Fi5
Bluetooth5.0
Wi-Fi5
Bluetooth5.0
カメラ720p FaceTime HDカメラ720p FaceTime HDカメラ720p FaceTime HDカメラ720p FaceTime HDカメラ
同梱物30W USB-C電源アダプタ
USB-C充電ケーブル(2m)
61W USB-C電源アダプタ
USB-C充電ケーブル(2m)
61W USB-C電源アダプタ
USB-C充電ケーブル(2m)
96W USB-C電源アダプタ
USB-C充電ケーブル(2m)
価格¥104,800〜¥134,800〜¥188,800〜¥248,800〜

分類別オススメのMacbook!

ずらずらと長いことMacbookの種類やスペックに関して触れてきました。
一通りまとめると、それぞれのMacbookには良いところ、悪いところが見えてきます。
すなわち、あなたが求める最重要項目は何かということがMacbookを選ぶ最大の決め手になるのではないでしょうか。

よくあるパターンとして、Macbookを利用したいと考える人を3パターンに分けて、それぞれにオススメなMacbookを選んでみます。

① 基本的にネットサーフィンやメールのやりとりのみ
  とにかくMacbookを使ってみたい

そんなあなたにオススメするのは、何といってもMacbook Airです。
理由としては、Macbookシリーズの中で価格が一番安く手を出しやすいから!
そして、安さの中にも確かなクオリティがあります。
M1チップ搭載になってからバッテリーの持ちも良くなっていますし、何より脳みその部分のチップはMacbook Proと同じもの。今後ステップアップするにしても十分なスペックだと思います。

② 写真や画像の編集などしてみたい
  Adobe製品の利用もする
  仕事でも利用したい

そんなあなたにオススメするのは、Macbook Proの13inchモデル!
持ち運びするもよし、備え付けで外部モニターやデュアルモニターで活用するもよし、何かと場所や作業を選ぶことなく柔軟に使える機種だと思います。

Macbook Proの中にもM1チップとIntelのモデルがあり、選びきれないと思っている方がいらしたら私の経験則でアドバイスさせて頂きます。
仕事で必ずWindowsを使わなければならない(Windowsじゃないとソフトが起動しない等)という縛りがない限りは、M1チップ搭載のモデルがオススメです。私は実際、職場のPCは全てWindowsという環境下でしたが、Macbook Proを購入し、会社でも利用していますが、今のところ困った案件は何一つない状態です。
私も実際にAdobe製品をインストールして使っていますが、かなり快適に利用できています。

③ 動画編集や高負荷の作業が多い
  少しでも画面が大きい方が良い

そんなあなたにオススメするのはMacbook Proの16inchモデルです。
動画編集などもサクサク快適に行いたいという場合は、画面も見やすく高負荷作業に最適な16inchのモデルを検討してみてはいかがでしょうか。
Youtuber用のPCだと言われてきただけあって、かなり快適に利用できているように思います。

年内にはM1チップのグレードアップ版でMacbook Proの上位版モデルが発表されてくるのではないかとApple製品好きの方々の予想が出ていますが、今か発表を待つか…(※必ず出るという確証はありません。)

さて、いかがだったでしょうか。
みなさんのMacbook選びの参考になれば幸いです。

楽しいApple製品に囲まれた生活にしていきましょう!
きっとあなたにも快適な生活が訪れることでしょう♪

コメント